ブログBlog

2020.07.02

SUBURB RELAY MAGAZINE 7月号

アロハ

編集長の『ヌマぼーや』でございます

郊外リレーブログの名称を今月から

【SUBURB RELAY MAGAZINE】に一新!

SUBURB RELAY MAGAZINE 7月号は

『おらほのスバル』気仙沼店の出番です‼

では簡単に気仙沼をご紹介します。

気仙沼店は宮城県の北東部、岩手県にかなり食い込んだ場所に位置する

マニアの間で≪宮手県≫と呼ばれている宮城県北東部地域をカバーしております。

そんな気仙沼には

・日本最大級のつつじの名所 徳仙丈!

・潮吹き岩で有名な三陸復興国立公園 岩井崎!

・三陸のリアス式海岸を感じる絶景スポット 唐桑半島!

氷の水族館!気仙沼シャークミュージアム!etc

 

それでも気仙沼と言えばやはり海産物

世界一の生産量ふかひれ!

鰹、鮫、メカジキは日本一の水揚げ量を誇り!

他にも、鮪、秋刀魚、わかめ、アワビ、ウニ、ほたて、ホヤ、牡蠣、マンボウなど

豊富な海産物が自慢の町‼

まだまだ紹介しきれない程、魅力溢れた町『気仙沼』

 

この度、ヌマぼーやがお勧めするスポットは

昨年、東日本最大級のアーチ橋(長さ297メートル)が出来上がり

気仙沼でも大変盛り上がっているスポット『緑の真珠 大島』でございます。

透明感抜群の海!美味しい地物海産物!絶景スポット亀山!龍舞崎!

日本でも珍しい鳴き砂【十八鳴浜】など魅力いっぱい詰まった小さな楽園!(来年朝の連続ドラマ小説 おかえりモネの舞台の島)

この夏こっそり教える大島のアクティビティ『小田浜でサップボード』と地物海産物を美味しく提供する食堂『はま家』さん

そして大島から離れ、気仙沼でしか味わえない道の駅 大谷海岸にあるご当地スイーツ『ふかひれソフトクリーム』です!

煌めく海面と白い砂浜。

吸い込まれそうな青い海。

慌ただしい日常を忘れ穏やかに流れる時を、

大島の大自然と一体となり愉しむアクティビティ

『Oshima Paddie Club』のご紹介です

日頃のストレスを発散できるサップボードで心も体もリフレッシュすること間違いなしです‼

http://『Oshima Paddie Club』

地物海産物を提供するアットホームな食堂『はま家』さん!

温かく迎えてくれる店主ご夫婦‼

初めて訪れても何故か懐かしい。

実家に帰った様な心温まる手料理。

新鮮さとコスパが抜群に魅力。

驚きの鮮度と美味さで、

ヌマぼーや編集長とノリぼーや局長も頬っぺた落ちると大絶賛‼

是非、サップボードで体を動かした後にいかがでしょうか!

http://『大島観光』

 

大島を離れ少し走ると。。。

やっぱりデザートが食べたい‼

日本全国探してもここにしかない!

生産量世界一ふかひれを使った

道の駅 大谷海岸の『ふかひれソフトクリーム』

目の前は太平洋の地平線。

海の香りを肌で感じながら

コラーゲンたっぷりのふかひれ!

口の中で弾ける食感のふかひれ!

濃厚バニラと蜂蜜風味のふかひれが絶妙なmatching!

一度ご賞味あれ

 

来月の担当は古川店でございます。

海の街気仙沼からのバトンタッチ!よろしくお願いします

 

まだまだ続く新型コロナで自粛が続く毎日ですが 

宮城県には仙台市以外にも魅力あふれる場所が沢山あります!

SUBURB RELAY MAGAZINE をご覧いただく皆様へ 

宮城スバルはカーライフを通じて旅行にも『安心と愉しさ』を提供してまいります。

マハロ

店舗

投稿月アーカイブ