ブログBlog

2020.12.18

HINODE BLOG~険しい麺ロード~

みなさまこんにちは。

今回は美味しいものを求めて山形県まで足を伸ばしてみました。

旅の相棒となるのは・・・

「新型レヴォーグ STI  Sport

長距離運転ということでワクワク&ドキドキ。いざ出発です!!

ところが当日はまさかの大雪に((((;゚Д゚)))))))

12月としては記録的な積雪量とのことでしたが、

低重心を活かした安定した走りで難なく道を進めます。

旅の途中では、山形スバル天童店の横を通りがかりました。

実は1217日にOPENしたばかりの新店舗なんです(゚Д゚)

ショールームも広く居心地が良さそう!

そして、目的地へ到着!

今回訪れたのは、

「琴平荘 中華そば処」

住所:山形県鶴岡市三瀬巳381-46

定休日:毎週木曜日

ラーメン通の間では、「幻のラーメン」と言われる程の超有名店です!

なんといつでも食べられる訳ではなく、10月〜5月の間の期間限定。

人気店ということで、平日でも3時間程並ぶこともあるそうで、まさに幻の一品です。

こちらがその中華そば♪

全て自家製にこだわっていて、麺は毎朝6時から作り上げ、

メンマの仕込みにはなんと1週間かけているのだそうです。

さらにスープは地元で取れるトビウオを使用し、

焼き干し加工など独自の工夫を施しオリジナルスープとして完成させるのだとか。

こだわりが凄い・・・

実際食べてみると、あっさりとしたスープの中に

しっかりと魚介の旨味が凝縮されていて美味しい!

麺もモチっとしていてスープとの相性が絶妙です。

店主の掛神さんと写真を撮って頂きました!

究極の1杯を追い求める掛神さんは、バイオリンのメロディが印象的な某ドキュメンタリー

番組で取り上げられる程の超有名な方です!!

今回HINODE  BLOGでお伺いしたことをお伝えすると、

「雪道大変だったでしょう!?」と快くブログ掲載もOKして下さいました。

閉店間際にもかかわらず、迎え入れて頂き感謝しかありません。

普段は2、3時間待ちは当たり前の「琴平荘」猛吹雪も相まって他のお客様がいない中で、美味しくラーメンを頂くことが出来ました。

ご馳走様でした♫

琴平荘を後にし、次の目的地へ・・・

店舗

投稿月アーカイブ