SUBARUロゴ

INTERNSHIP

メカニック

メカニック

自分が向き合うべきは
車だけではなく、
その先のお客様もだ

2017年入社 メカニック

佐々木 直也NAOYA SASAKI

BEGINNING車への興味と父への憧れ

父が自動車販売店に勤務していたため、私は幼い頃から自動車という乗り物を身近に感じていました。
父からカタログを見せてもらうことが多く、その中で初めてエンジンというものを知ったときは「これが車を動かしているんだ」という驚きと「どうやって動いてるんだろう」という疑問を抱いたことを今でも覚えています。
それから車に興味を持ち、車の構造や仕組みを調べるようになりました。父はよくお客様から電話が掛かってくることが多く、学校帰りに私を乗せたままお客様の所へ向かうこともあり、バッテリー上がりなどの救援をしている父の姿を見ていました。
そんな父の背中を見て育ち、いつしか私も人の役に立つ仕事がしたいと思うようになったことから、“直接お客様の声を聴くことができ、私が培った知識や技術が発揮できる”自動車整備士という仕事を選びました。

BEGINNING

WORK車と、お客様と向き合う

入社前は定期点検などが主な業務で、「ただ点検をすればいいのだろう」と思っていました。
しかし実際は、私の退屈な想像とは異なるもので、定期点検や故障診断、部品の交換作業の他に車検の検査もしています。
2年目には重整備を任せられるようになり、エンジンやトランスミッションを分解、組み立てをする機会も多く、毎日が勉強の日々です。
中でも故障診断は最も難しい仕事の一つで、点検でご来店されたお客様からお願いされることも多く、限られた時間で何をすべきかを考えなければなりません。
そこで意識して行なっているのはお客様と直接お話しをして、場合によってはお客様と同乗走行をするということです。
故障診断には警告灯の点灯以外にも振動や異音といったものもあります。お客様に直接問診をすることでご指摘の内容やお客様の気持ちを知ることができ、確実な診断と整備に繋がります。
故障を直し、お客様から感謝の言葉をいただけたときはとても嬉しく、やりがいを感じました。
整備士として向き合うべきは「車だけ」ではなく、その先のお客様も含まれているということを強く感じています。

WORK
宮城スバルっていいね

わたしの「宮城スバルっていいね!」

宮城スバルでは教育が熱心に行われていると、入社してすぐから実感しています。その理由として全国技術コンクールのマイスター部門で2連覇したことがあげられます。
前回行われた技術コンクールを観戦しましたが、他の特約店と比べて宮城スバルが注目されていたことが印象的で、その中で2連覇をしたということにとても感動しました。その瞬間に立ち会い“喜びを分かち合えた”ことや、“次に続こう”と思えたことも「技術コンクールを観戦しに行く」というイベントがあってこそだと思います。
また独自の技術コンクールを開催するなど宮城スバルならではのイベントもあり、前回のユース部門に私も参加して、とてもいい経験になりました。普段の仕事でもやる気があれば誰にでもチャンスを与えてくれるのが宮城スバルの良いところだと思います。

HOLIDAY充実した休日で心をリフレッシュ

プライベートでは釣りやスノーボードに行くことが多く、ハイシーズンになると毎週のように通います。
釣りでは船を借りて沖に出ることもあるので、船を操縦できる楽しみや辺り一面が海という解放感・大物とのファイトなど、釣りをしているときは現実を忘れさせてくれます。
休日も趣味の合う会社の人達といるので共通の話題で盛り上がったり、普段会うことがない他店舗の方とも交流を深めることができるのでとても充実しています。
またドライブを兼ねて実家に帰り、両親と仕事の話をしたりしてゆっくり過ごしています。

HOLIDAY

EPISODE目標に届いた先輩

先輩がディーラーメカニックとしてニュルブルクリンク24時間耐久レースに派遣されたことは、私にとって、とても思い出深いエピソードです。
スバルは特約店からディーラーメカニックとして数名だけレースに参加でき、入社したら私も挑戦したいと思ってました。
しかし、そこは狭き門で選ばれるのは難しいだろうと入社してからは半ば諦めていましたが、そんな中、先輩がメカニックの選考に挑戦することになり、私はその練習をサポートをすることになりました。
夜遅くまで練習を重ねていた先輩が選ばれたときは、自分のことのように嬉しく、とても感動したのを今でも覚えています。
ニュルブルクリンク行きを実現させた先輩が、実際のレースで活躍している姿をネットや雑誌で見た時は、とても誇らしく思いました。

EPISODE
宮城スバルメカニック佐々木目標

お客様に慕われる整備士になる

今まで尊敬している先輩や上司の方々と出会って
目標やすべきことがたくさん見つかりましたが、故障診断の際上司に言われた
「車を直すだけでなく、お客様の気持ちも直さなければならない」
という言葉は、私を大きく変えてくれました。
お客様が車の故障を訴えられたとき、私達は「どうしたら車が直るのか」と同時に
「どうしたらお客様の不安を払拭できるか」ということも考える必要があるんだと、
そのとき初めて気付かされました。
私はこれからも、そのことをしっかりと意識し、
お客様に慕われる整備士になりたいと思っています。

MyGole

仲間と共に
成長していきましょう!
MESSAGE

宮城スバルメカニック佐々木 就活生にメッセージ

私は、宮城スバルに入社して良かったと思っています。
職場はチームを意識しているため職種関わらず仲が良く、年齢層も若いので楽しく仕事しています。
またいろんなことに挑戦できてサポートしてくれる環境もあるので、
やる気次第では大きく成長することもできます。

時には辛いことや困ったこともありますが、そんな時は助けてくれる仲間がいます。
これらのこともあって今の自分があるんだと改めて実感しています。

就職活動は大変なことが多く、内定してからも期待より不安の方が多いと思いますが、
そんな不安を乗り越えてきた私達が全力でサポートします。
私も勉強の毎日です。共に成長していきましょう。

DAILY SCHEDULEある1日のシゴト

ある1日のシゴトタイムスケジュール
ある1日のシゴト

PERSON宮城スバルのヒトを知る

  • 宮城スバルセールス佐藤 遥

    信頼こそ全て。
    一人ではできないことを
    チームで実現していく。

    2018年入社セールス

    佐藤 遥HARUKA SATO

  • 宮城スバルセールス佐藤 竜生

    責任を持って
    取り組むことで得た
    お客様からの信頼。

    2016年入社セールス

    佐藤 竜生RYUSEI SATO

  • 宮城スバルメカニック大久保 良平

    自分の挑戦に
    協力してくれる仲間がいる。

    2012年入社メカニック

    大久保 良平RYOHEI OKUBO

  • 宮城スバル営業アシスタント川島 亜衣里

    お車を通じて
    お客様の人生を彩ることに
    やりがいを感じています。

    2018年入社営業アシスタント

    川島 亜衣里AIRI KAWASHIMA

  • 宮城スバルサービスフロント宮下 卓也

    お客様からも他の社員にも
    信頼されるような
    スキルを身につけたい。

    2011年入社サービスフロント

    宮下 卓也TAKUYA MIYASHITA

VIEW MORE

interview